今と違った職場の社員になりたいと転職活動をしている

転職を行うにあたって、仕事におけるやりがいアップと共に

転職をするにあたって、当然仕事のやりがいのアップと一緒にそれにとどまらず年収のアップも大きなポイントですから「年収比較サイト」に登録していろいろと研究をしています。同一の会社でしかも一緒の職種、社歴であるのに人によって広く違いがある場合も複数あり、ぶっちゃけて言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人間について誰であるのかそこそこ見通しがついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

女性の再就職に際して、今現在と数年前では

女性の再就職において、現在と数年前では若干の変化があったりします。過去には面接の場で、結婚観や出産後の考え方について質問していたのですが、今現在の流れとしては、そういった内容はセクハラとして質問されないこと、が増加傾向にあります。世間に名の知れた大きな会社の場合は、神経を尖らせているようです。ですが、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っているはずです。自分自身の人生設計を知ってもらうためにも、自己PRや志望した動機の中に織り交ぜながら伝えることで、相手方にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると考えます。なので、たとえ、聞かれていないことでも、あなたが先んじて気遣いながら答えてみることを考えてみてください。

私たちの社会的環境において、将来的に今以上に

私たちの社会的環境において、この先ますます思考を必要としない作業は機械に置き換わってその結果、労働人口は少なからず減っていきます。なぜかというと、単純労働という観点では人よりも機械を稼働させたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは機械にはへっちゃらです。もちろん人間とは違って愚痴を言わず、疲れもしない、ズルもしないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、おまけに報酬も発生しません。このような観点から労働力として人間を使う意味がなさすぎます。機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

転職活動の際は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして

転職する場合は、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調べるでしょう。とはいっても、その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の社長の方針や社員の感想については、それをすべて信じるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、イチャモンをつけながらいかにして辞めさせないようにするか考えています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

今と違った職場の社員になりたいと転職活動をしている

今と違った職場につきたいと転職活動中のときの場合は「1日でも早く、内定(採用通知)が欲しい」と考えてしまうはずです。しかし、その気持ちが強くて良い知らせほしさのばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、また逆に自分を過小評価するかのような行動は可能な限りしないでください。大事なのは焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静かつ客観的に自分にふさわしい職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く探していきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*