今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業種)

かつては割と多くの人材紹介会社に登録していました。

以前は割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質に関しても色々あってほとんどの場合、満足のいく対応をしてくれない方ばかりでした。私にとってはかなり重要なことことだからもっと真剣に臨んでほしいという感情がこみあげていてその事がきっかけとなり自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。その資格取得のためには経済的な負担にもなりました。また勉強に関してもとても大変ですが、就職活動中の人たちに頼みにされるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録を行いに行きました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の方がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が説明した話の5割もその社員は理解できてない感じでした。さらに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが必要です」とか、経験豊富なベテランのように偉そうにのたまうから非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事を経験している人にするべきだと思います。

生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると思っている人が

生涯初の失業保険を受ける際に、何もしなくても給付されると考えている人が非常に多いですが、それは正しくありません。本当は、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、就職活動をしなければならず、それに加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。一か月おきにハローワーク職員との面談を経て、真剣に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。一方、本気で就職活動をしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に参加しない場合は、問答無用で給付が見送られたり、以降の給与資格をなくしかねないので、気をつけておきましょう。

期待をもって転職活動と向き合うことで、精神的な負担が減るので、

楽しんで再就職と付き合っていけば、メンタル的にも転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。またメンタルにも損なわれていない分、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、やはり、ブランクを設けないで新しい勤め先を見付けることが大切です。今の仕事を続けながら、次の仕事を見つけるのがベストでしょう。また、ブランクをつくらなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そういった形にしておくと、働いていない期間はできませんから、履歴にもキズがつきません。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を進めてみましょう。

今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業種)

今から転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業種)があれば、必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナスにあたる箇所は、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によってすぐに実態を知ることができます。そのような実態を理解しないまま、会社に入ると、あとになってしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそも求人が出ている理由が、「業務内容がキツく、スタッフの出入りが激しい」といった場合がかなり多いため、気になった案件について、しっかり調べた上で応募しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*