最近の企業の労働背景の激しい変化において…

看護師という職業の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う理由は

看護師の他の仕事に転職する理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。さまざまな理由がありますが、「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって出産そのうえに親の介護など、身近な家庭環境のいろいろな変化によって今までと同じようには働けなくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような理由が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、頭を冷やしてじっくりと現状を見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

転職期間中は、つい時間がある分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

転職期間ではどうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。が、そんな生活はキケンです。言うまでもなく、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも悪影響が出やすいためです。やがて、働く気力も失い、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そのまま、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社が見つからなくなります。再就職先を決めることができないのは、お金を第一に考えるためです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラけるような生活は転職活動中には必要ないのです。

派遣社員として勤務しています。労働契約法が原因で

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連で残念なことに長期間勤務していた就業先での仕事を終わらせなければなりません。派遣仲間の中には、派遣先の企業で正規社員の条件をつかんだ方もいるのですがそれは正直仕事が優秀というわけではなく派遣先上司へのあしらい方がうまい人でそれで採用された模様。業務処理能力よりおじさんを転がす能力が必要なんだねーと派遣仲間達と勤務先で愚痴る日々です。

再就職の際の採用面接では、零細企業であれば

再就職の際の面接では、零細企業だったらほとんどが人事担当者になりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。直接、一緒に仕事をする現場の一番偉い人、平たく言えば部長や課長などが面接場にいあわせることも決して少なくありません。また営業系や事務系といったジャンルでは、資格を通じた具体的なイメージがないので、やはり自分自身を売り込んでいくようにするべきです。面接官から「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

最近の企業の労働背景の激しい変化において、

このように今の時代の企業の労働環境の慌ただしい変化に当たって、若い人たちが特に興味を持って見ているようです。十中八九将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。ですから、サラリーマンや労働者といった労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、一層、今後、世代に関わらず転職についての関心度が強くなるでしょう。「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方は至極当然のこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」は、評価が下がりやすい傾向が強い、損をしてしまうこともありました。しかし時代の変化もあり、現在やっている仕事のみに執着する必要もあまりなくなったように思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*