良い転職先を見つけるかフリーランスエンジニアを目指すか?

良い転職先を見つけるためには、あらかじめ、…

後悔しない転職を目指すのなら、前もって情報収集をしておきましょう。昨今は中小零細企業でも公式サイトを常設しているところが多いため、ネット検索で色々と必要事項をチェックしておくと転職時に助かります。公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職の候補にしている企業を自身の目で判断してみるのも良いと思います。

また転職というよりフリーランスエンジニアにを目指すのなら、Midworksなどの斡旋エージェントを利用するのをおすすめします。エージェントならあなたのスキルなどに合った案件を紹介してくれますから、スキル不足のフリーランスエンジニアでも安心して今の仕事をやめても仕事に困ることはないでしょう。

「看護師」は、女性比率が高い職種です。…

「看護師」は、女性比率が高い職種です。そして、気力や体力の消耗が激しい特徴もあります。ピリピリした現場になりやすく、職場の人間関係のいざこざや、結婚・出産といった仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事といえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、「看護師」は、人材不足な状態が継続しています。なので、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

転職を決断するキッカケは、一人ひとり違います。…

転職に至る理由は、一人ひとり違います。「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚・出産・子育て・配偶者の仕事環境の変化など、これまでと同じようには働けなくなってしまった」「現在の収入に大きな不満がある」といったような理由が考えられますね。でも、転職を決める前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度ゆっくりと現状を客観視してみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断しておくと間違いありません。

インターネットのエリアには、…

インターネットの世界では、「転職サイト」と呼ばれるものが無数にあります。自身に見合った転職先を見付けるためには、なんといっても情報収集が必要です。「転職サイト」をしっかり活用することで、効率的に転職先を探せます。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、信用できるサイトかどうかをよそと比較しながらチェックしてみましょう。

転職を考えるとき、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、…

転職を考えるとき、転職したあとの自分の年収について気にする人がとても多いです。誰もが生活費をつくるために仕事をしているはずです。自分がどれほど評価してもらえているか、という側面もありますから大切なのは当然ではあります。でも、年収に固執しすぎるのも虚しいものです。年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがあるからです。

友人や知人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。…

友人や知人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。でも、そこでの労働環境や、労働条件といった部分について紹介者の口コミを過剰に信用するのは問題です。言うまでもなく、個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。紹介者にとって、ベストな職場だとしても、あなたにとってはストレスだらけの環境、、、という可能性だってあるのです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、自身の目で確かめておくことも大切です。

転職をしようとがんばっていると、「少しでもはやく内定(採用通知)がほしい」と…

転職で活動しているとき、「1日でも早く、内定(採用通知)が欲しい」と思ってしまうものです。でも、良い知らせを得たいあまり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、対称的に過小評価するかのような売り込みは可能な限り避けましょう。焦る気持ちをガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴が生きるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選択してみましょう。

転職活動で「これまで、私はこういった仕事に尽力してきました」…

転職活動の際、「今まで、こういった内容の仕事に従事してきました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の成功体験やセールスポイントを強調しようとする人はかなり多いです。でも、希望する1から始める組織で「こういったことに挑戦したい」「このような内容なら貢献できると思う」と未来の姿を自己アピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

転職活動を成功させるには、急がず慌てないことが…

転職活動をしている最中は、何よりも「急がないこと」を心がけましょう。在職中に転職活動される場合は、それほどでもないかもしれませんが、退職したあとに行うのであれば、どうしても焦ってしまいます。なので、冷静に活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか、しっかり、冷静に見極めましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*