転職

良い転職先を見つけるかフリーランスエンジニアを目指すか?

良い転職先を見つけるためには、あらかじめ、…

後悔しない転職を目指すのなら、前もって情報収集をしておきましょう。昨今は中小零細企業でも公式サイトを常設しているところが多いため、ネット検索で色々と必要事項をチェックしておくと転職時に助かります。公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職の候補にしている企業を自身の目で判断してみるのも良いと思います。

また転職というよりフリーランスエンジニアにを目指すのなら、Midworksなどの斡旋エージェントを利用するのをおすすめします。エージェントならあなたのスキルなどに合った案件を紹介してくれますから、スキル不足のフリーランスエンジニアでも安心して今の仕事をやめても仕事に困ることはないでしょう。

「看護師」は、女性比率が高い職種です。…

「看護師」は、女性比率が高い職種です。そして、気力や体力の消耗が激しい特徴もあります。ピリピリした現場になりやすく、職場の人間関係のいざこざや、結婚・出産といった仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事といえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、「看護師」は、人材不足な状態が継続しています。なので、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

転職を決断するキッカケは、一人ひとり違います。…

転職に至る理由は、一人ひとり違います。「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚・出産・子育て・配偶者の仕事環境の変化など、これまでと同じようには働けなくなってしまった」「現在の収入に大きな不満がある」といったような理由が考えられますね。でも、転職を決める前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度ゆっくりと現状を客観視してみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断しておくと間違いありません。

インターネットのエリアには、…

インターネットの世界では、「転職サイト」と呼ばれるものが無数にあります。自身に見合った転職先を見付けるためには、なんといっても情報収集が必要です。「転職サイト」をしっかり活用することで、効率的に転職先を探せます。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、信用できるサイトかどうかをよそと比較しながらチェックしてみましょう。

転職を考えるとき、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、…

転職を考えるとき、転職したあとの自分の年収について気にする人がとても多いです。誰もが生活費をつくるために仕事をしているはずです。自分がどれほど評価してもらえているか、という側面もありますから大切なのは当然ではあります。でも、年収に固執しすぎるのも虚しいものです。年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがあるからです。

友人や知人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。…

友人や知人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。でも、そこでの労働環境や、労働条件といった部分について紹介者の口コミを過剰に信用するのは問題です。言うまでもなく、個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。紹介者にとって、ベストな職場だとしても、あなたにとってはストレスだらけの環境、、、という可能性だってあるのです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、自身の目で確かめておくことも大切です。

転職をしようとがんばっていると、「少しでもはやく内定(採用通知)がほしい」と…

転職で活動しているとき、「1日でも早く、内定(採用通知)が欲しい」と思ってしまうものです。でも、良い知らせを得たいあまり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、対称的に過小評価するかのような売り込みは可能な限り避けましょう。焦る気持ちをガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴が生きるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選択してみましょう。

転職活動で「これまで、私はこういった仕事に尽力してきました」…

転職活動の際、「今まで、こういった内容の仕事に従事してきました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の成功体験やセールスポイントを強調しようとする人はかなり多いです。でも、希望する1から始める組織で「こういったことに挑戦したい」「このような内容なら貢献できると思う」と未来の姿を自己アピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

転職活動を成功させるには、急がず慌てないことが…

転職活動をしている最中は、何よりも「急がないこと」を心がけましょう。在職中に転職活動される場合は、それほどでもないかもしれませんが、退職したあとに行うのであれば、どうしても焦ってしまいます。なので、冷静に活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか、しっかり、冷静に見極めましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。

今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業種)

かつては割と多くの人材紹介会社に登録していました。

以前は割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質に関しても色々あってほとんどの場合、満足のいく対応をしてくれない方ばかりでした。私にとってはかなり重要なことことだからもっと真剣に臨んでほしいという感情がこみあげていてその事がきっかけとなり自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。その資格取得のためには経済的な負担にもなりました。また勉強に関してもとても大変ですが、就職活動中の人たちに頼みにされるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録を行いに行きました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の方がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が説明した話の5割もその社員は理解できてない感じでした。さらに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが必要です」とか、経験豊富なベテランのように偉そうにのたまうから非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事を経験している人にするべきだと思います。

生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると思っている人が

生涯初の失業保険を受ける際に、何もしなくても給付されると考えている人が非常に多いですが、それは正しくありません。本当は、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、就職活動をしなければならず、それに加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。一か月おきにハローワーク職員との面談を経て、真剣に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。一方、本気で就職活動をしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に参加しない場合は、問答無用で給付が見送られたり、以降の給与資格をなくしかねないので、気をつけておきましょう。

期待をもって転職活動と向き合うことで、精神的な負担が減るので、

楽しんで再就職と付き合っていけば、メンタル的にも転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。またメンタルにも損なわれていない分、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、やはり、ブランクを設けないで新しい勤め先を見付けることが大切です。今の仕事を続けながら、次の仕事を見つけるのがベストでしょう。また、ブランクをつくらなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そういった形にしておくと、働いていない期間はできませんから、履歴にもキズがつきません。すなわち、転職の時に不利になることがないということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を進めてみましょう。

今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業種)

今から転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業種)があれば、必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナスにあたる箇所は、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によってすぐに実態を知ることができます。そのような実態を理解しないまま、会社に入ると、あとになってしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそも求人が出ている理由が、「業務内容がキツく、スタッフの出入りが激しい」といった場合がかなり多いため、気になった案件について、しっかり調べた上で応募しましょう。

最近スマホで調べればネット上では、「転職のためのサイト」と呼ばれるものが

転職することを、今勤めている会社の人たちが

転職することが、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変することがあります。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、安易に転職のことを口にするのは注意が必要です。上記のような状態を避けるために、今の職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い関係をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を辞められます。そして、円満退職になれば、転職後、困ったときに相談できるはずです。規模などに関係なく、どこの会社も、人との縁は大事なので、仕事を辞める前のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

今の時代は株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり、

今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、個人経営 ・起業といった生き方も増えています。そのような変化もあるせいか、「雇用されて働く道こそが正義」といった今までの考えも変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、先の見えない株式投資・個人事業より組織の一員であるほうがずっと安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように世の中に認知されていたしかし、そういった成長期は終わり、現代では「成熟期」という名が付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

転職の面接でいるビジネススーツの色に関しては、

転職の面接で必要なスーツのカラーについては、新卒の就職活動の際に準じているカラーが良いです。要するに、黒や紺色のような落ち着いた色、ということになります。それが、再就職のケースにおいても、着用していくスーツのカラーはこういった色が圧倒的に多くて、それ以外の色の人はほとんどいません。あえて言えば、ごくたまにグレーのスーツを着ている人がいるくらいで、大方は紺や黒が多いので、面接を行う採用担当の人も黒や紺色のスーツの方が違和感なく感じるので、第一印象という観点ではぜひおすすめします。

求人に係る情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど

求人に関係する情報を見る場合、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業を見ようとしないものですが、そういったことをしている人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。実際に、製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる役職もたくさんあります。ただ、製造業の勤め先自体、オフィス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですからそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。とはいえ、自分のこだわりを捨てることでよく考えた方が良いですね。

最近スマホで調べればネット上では、「転職のためのサイト」と呼ばれるものが

今ではスマホを見ればネットのエリアには、今では「転職のためのサイト」に類するものが無数に点在しています。その多くのサイトから自分自身が求めている転職先を見付けるためには、とりあえず情報を収集することをしましょう。「転職サイト」をきっちり活用することで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。

今と違った職場の社員になりたいと転職活動をしている

転職を行うにあたって、仕事におけるやりがいアップと共に

転職をするにあたって、当然仕事のやりがいのアップと一緒にそれにとどまらず年収のアップも大きなポイントですから「年収比較サイト」に登録していろいろと研究をしています。同一の会社でしかも一緒の職種、社歴であるのに人によって広く違いがある場合も複数あり、ぶっちゃけて言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人間について誰であるのかそこそこ見通しがついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

女性の再就職に際して、今現在と数年前では

女性の再就職において、現在と数年前では若干の変化があったりします。過去には面接の場で、結婚観や出産後の考え方について質問していたのですが、今現在の流れとしては、そういった内容はセクハラとして質問されないこと、が増加傾向にあります。世間に名の知れた大きな会社の場合は、神経を尖らせているようです。ですが、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っているはずです。自分自身の人生設計を知ってもらうためにも、自己PRや志望した動機の中に織り交ぜながら伝えることで、相手方にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると考えます。なので、たとえ、聞かれていないことでも、あなたが先んじて気遣いながら答えてみることを考えてみてください。

私たちの社会的環境において、将来的に今以上に

私たちの社会的環境において、この先ますます思考を必要としない作業は機械に置き換わってその結果、労働人口は少なからず減っていきます。なぜかというと、単純労働という観点では人よりも機械を稼働させたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは機械にはへっちゃらです。もちろん人間とは違って愚痴を言わず、疲れもしない、ズルもしないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、おまけに報酬も発生しません。このような観点から労働力として人間を使う意味がなさすぎます。機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。

転職活動の際は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして

転職する場合は、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調べるでしょう。とはいっても、その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の社長の方針や社員の感想については、それをすべて信じるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、イチャモンをつけながらいかにして辞めさせないようにするか考えています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

今と違った職場の社員になりたいと転職活動をしている

今と違った職場につきたいと転職活動中のときの場合は「1日でも早く、内定(採用通知)が欲しい」と考えてしまうはずです。しかし、その気持ちが強くて良い知らせほしさのばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、また逆に自分を過小評価するかのような行動は可能な限りしないでください。大事なのは焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静かつ客観的に自分にふさわしい職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く探していきましょう。

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されとしたら…

失業保険の給付は、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

失業保険の給付について、職探しをしていることの証明が必要になりますが、とはいえ、現実的には「会社に行かなくて良いし、少しの間でもゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。というワケで、しっかり求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然のこととして、「求人票」をチェックすることを最低限行わなければいけません。本気で探す気持ちがないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事がありませんでした」と、相手に告げて、次に期待しましょう。

在職期間中なら、状況が許す限り、周囲が気づかないように、

在職中であるのなら、可能であれば、周囲に気づかれないように、ちなみに私自身のときは、在職期間中に転業する意図のみをはじめのうちに社内で言ってみたことがあります。けど、その顎、転職情報を必死に色々と探してみたのですが、予想に反して転職する仕事を変えるタイミングも無計画なまま進めていたので、ズルズル時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験し、次の就職先を再度探しました。

転職サイトや転職エージェントなどを使用して、

転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。でも、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加した際は複数の企業の情報に触れることができ、さらに、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに参加される場合は、1次面接に挑戦するつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。仮にフェアの期間中に企業側から魅力的な人材、と思われれば、そのあとの本格的な面接時にかなり有利なはずです。

ほとんどの場合大業は「定期採用」がメインなので、

大半は大企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には向いていません。しかも地方では転職の見込みはずっと狭まります。例外として、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地などに運営していることが少なくありません。さらに、そういう工場に的を絞れば、事業拡大と並行して「人員募集」をしていることが多々あるので、その機会を捉えるのです。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報を事前に知っておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人予定の有無など、マメに確認されることをお勧めします。

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されとしたら、

転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を渡された時、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったときは、大体の場合は差し出す必要はないと思っておきましょう。面接に関して言えば仕事ではなく、職を得るための就職活動内のことです。ですから大方は名刺を交換する場ではないのです。かつ、あなたは立場上会社の人間としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という訳で、相手側から名刺を差し出されても、こちら側はもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手の方に渡す必要は少しもないと思われます。

最近の企業の労働背景の激しい変化において…

看護師という職業の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う理由は

看護師の他の仕事に転職する理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。さまざまな理由がありますが、「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって出産そのうえに親の介護など、身近な家庭環境のいろいろな変化によって今までと同じようには働けなくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような理由が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、頭を冷やしてじっくりと現状を見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

転職期間中は、つい時間がある分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。

転職期間ではどうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。が、そんな生活はキケンです。言うまでもなく、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも悪影響が出やすいためです。やがて、働く気力も失い、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そのまま、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社が見つからなくなります。再就職先を決めることができないのは、お金を第一に考えるためです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラけるような生活は転職活動中には必要ないのです。

派遣社員として勤務しています。労働契約法が原因で

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連で残念なことに長期間勤務していた就業先での仕事を終わらせなければなりません。派遣仲間の中には、派遣先の企業で正規社員の条件をつかんだ方もいるのですがそれは正直仕事が優秀というわけではなく派遣先上司へのあしらい方がうまい人でそれで採用された模様。業務処理能力よりおじさんを転がす能力が必要なんだねーと派遣仲間達と勤務先で愚痴る日々です。

再就職の際の採用面接では、零細企業であれば

再就職の際の面接では、零細企業だったらほとんどが人事担当者になりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。直接、一緒に仕事をする現場の一番偉い人、平たく言えば部長や課長などが面接場にいあわせることも決して少なくありません。また営業系や事務系といったジャンルでは、資格を通じた具体的なイメージがないので、やはり自分自身を売り込んでいくようにするべきです。面接官から「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

最近の企業の労働背景の激しい変化において、

このように今の時代の企業の労働環境の慌ただしい変化に当たって、若い人たちが特に興味を持って見ているようです。十中八九将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。ですから、サラリーマンや労働者といった労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、一層、今後、世代に関わらず転職についての関心度が強くなるでしょう。「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方は至極当然のこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」は、評価が下がりやすい傾向が強い、損をしてしまうこともありました。しかし時代の変化もあり、現在やっている仕事のみに執着する必要もあまりなくなったように思います。